STEP2で作成した実施計画書をもとに全社で不要な紙の処分をおこないます。紙以外の不用品もこの機会に整理、処分します。

完璧を目指しすぎない

一度の処分で完璧にもれなく不要なものを処分しようとしないことがポイントです。
判断基準を決めておくことはもちろんですが、あまり細かいルールを作ってしまうと作業に時間がかかってしまいます。
まずは明らかに不要なものを中心に処分を進めてみましょう。

紙以外の不要なものも処分する

紙を捨てることでフォルダやバインダーが不要になったり、保管していたキャビネット自体が丸ごと不要になることも少なくありません。
他にも使わなくなった昔のパソコンやプリンター、放置されたままになっている私物なども、このタイミングで整理や処分をしましょう。

会社概要

ワークライフバランスを実現したり地域の課題を解決するためのクラウドシステム、WEBソリューションを提案しています。国内外10拠点にスマートオフィスを開設しています。

東京都(日本橋、浅草)、北海道(別海町)、群馬県(伊勢崎)、栃木県(宇都宮)、徳島県(徳島、神山)、高知県(高知)、山口県(萩)、マレーシア(クアラルンプール)

詳しくはこちら http://www.dunksoft.com/

アクセス

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-13-5 日本橋貝新N.Yビル 8階

TEL 03-3510-0457